黒士冠が育つために良い置き場所の条件は2つ!心地よい暖かさと乾燥

黒士冠は場所を選ばずに育てることが可能なのですが、乾燥させることは大切な要素ですので、置き場所を決める時は、この点は考慮した方が良いでしょう。

黒士冠は梅雨時の置き場所が要注意

日当たりと風通しがサボテンの置き場所には必要なのですが、黒士冠もその通りで、1年を通して十分に日を当てるようにします。

風通しは高温対策にも湿度対策にもなり、屋外でも室内でも気をつけるようにします。
季節では梅雨時期が一番の難関で、冬よりも枯れる可能性が高くなります。

雨が直接当たるような軒下には置かない方が良いですし、梅雨の合間の晴れた日には必ず日光を当てて、乾燥させるようにしましょう。

室内での栽培も良いのですが、こちらも除湿をするなどをして、室内に湿気が溜まらないようにする必要があります。

黒士冠の置き場所は他の植物と離す

黒士冠はトラブルが少ないサボテンですが、周りの影響を受けて問題が発生することがあります。
そのため、他の植物の近くに置かないようにした方が安心です。

近くにお花や観葉植物があると、それに付いた虫が黒士冠に移って来ることがあります。
黒士冠よりも大きな植物があると、風や日差しが遮られることもあります。

サボテンはサボテン同士、他の植物と分けて置き場所をキープしてくださいね。