乾燥大好きな黒士冠も水栽培は可能!気をつけるべきポイントとは?

水栽培は水のみで育てる方法で、土を使わないため清潔感もあり、見た目にもお洒落で女性を中心に人気の栽培方法になっています。

黒士冠を水栽培に適応させる方法

黒士冠は乾燥を好むため、水栽培のように水に浸けるような栽培は大丈夫なのかと、不思議に思われる人もいるかもしれませんね。

水栽培に適応できるように準備をすると、問題なく栽培できます。
どんな準備が必要なのか?とても簡単です。

土用の根から水用の根にするだけで大丈夫なのです。
土から黒士冠を出し、根を綺麗に洗います。

土が全部落ちたことを確認してから、根を1~2cmくらいを残して切ります。
これだけで準備完了です。

このまま水に浸けるだけで、1週間から10日ほどで水栽培用の根が出てきます。

黒士冠の水栽培を成功させるチェックポイント

水栽培を上手にするためには、2つのポイントがあります。
この2つに気をつけるだけで、水栽培を簡単に続けることができます。

水栽培は水が命ですから、清潔な水を保つようにします。
水温が上がり過ぎないようにする、水替えを定期的に行うことが大切です。

もうひとつは、根を元気な状態に保つようにします。
水に根をすべて浸けるのではなく、1cmくらい水に浸けないようにすることで、呼吸がしやすくなります。

この2つに気をつけるだけで、水栽培のトラブルはなくなります。