黒士冠の肥料はどうする?いつどのタイミングで使うのが一番良いの?

肥料の使い方で迷う人も多いですね。
たくさんの種類があり過ぎて、どれを買ったら良いのかわからなくなります。
黒士冠の肥料の使い方はどのようにするのが良いのか、みていきましょう。

黒士冠に肥料は積極的に使わなくても大丈夫

実は黒士冠は肥料をあまり使わなくても大丈夫な種類です。
もともと成長がゆっくりですので、焦って大きくする必要もありませんし、あまり無理に成長させようと栄養上げると、根が吸収できずに弱ってしまいます。

それでも使いたい場合は、植え替えの時に鉢底に敷くタイプの肥料が良いすね。
鉢底に敷くタイプは水やりの時に少しずつ溶け、ゆっくりと土中に浸透していきます。

成長がゆっくりしている黒士冠には、ゆっくり効いてくるタイプの肥料が合います。
植え替えの時に肥料を使ったら、追肥は必要ありませんので重ねて使わないようにしてくださいね。

黒士冠に肥料を使った方が良いケース

黒士冠に肥料はそれほど必要ありませんが、使った方が良い時もあります。
花の付きを良くしたい、肌の艶を出したい、水栽培をしている時がそうです。

しばらく花が咲いていない場合は、春に肥料を使うと蕾が付きやすくなります。
適度な栄養は、肌の艶も出してくれますので、少量を使うようにしましょう。

また、水栽培をしている時は、水しか吸収するものがないため、栄養を少し足した方が良いのです。
水替えの時に液体肥料を薄めて使うと良いですよ。