子吹烏羽玉の植え替え時期はやや早め?失敗しない植え替えとは?

サボテンには植え替えが必要ですが、どの時期が一番良いのか迷う人も多いと思います。
成長の周期に合わせて植え替えをするのですが、子吹烏羽玉は早めに行動をする方が良いですよ。

子吹烏羽玉は春になったらすぐ植え替える

子吹烏羽玉の根は冬が終わるとすぐに活性化してきます。
その前に植え替えをした方が、根の成長に負担がなく、子吹烏羽玉の成長も良くなります。

時期としては、3月中旬から下旬がベストです。
まだ朝晩寒い地域もあると思いますが、最低気温が5℃以上あれば大丈夫です。

5℃以下の場合は、もう少し待つか、室内の暖かい環境に置いて植え替えをしてください。
活動が早い種類ですから、もたもたしていると蕾が付いてしまいますので、早めの行動を心がけてくださいね。

子吹烏羽玉の上手な植え替えとは

子吹烏羽玉の植え替えをする時は、鉢の大きさと根の扱いに注意が必要です。
鉢の大きさは本体の一回り大きいくらいが良いのですが、幅だけではなく高さも少しあると良いですよ。

子吹烏羽玉の根は、太く長くなっていきますので、あまり浅い鉢ですとすぐに鉢底に根がついてしまい、成長できなくなってしまいます。

新しい鉢に入れる前に、元の土を綺麗に取り、根を完全に乾かすようにしてください。
元の土がついていたり、根が湿っていると、新しい土に馴染みにくくなったり、根が十分に育たなくなることがあります。