姫春星の育て方をマスターして、美しいトゲと花を1年中楽しむ

姫春星は白く丸い形が、とても愛らしく女性的なサボテンで、鮮やかなピンクの花を咲かせたその姿は、正に“姫”です。
美しい姫春星の育て方をぜひマスターしてくださいね。

姫春星の育て方はカビと虫予防を!

姫春星は小さめの白い株が特徴的で、鉢にひとつでも美しいですし、子株を付けた姿もとても綺麗です。
この美しさをキープしたまま成長させるには、やはり気を使うところもあります。

特にカビや害虫が付いてしまうと、その部分は変色してしまうこともありますし、萎んでしまうこともあります。

害虫はトゲにも付きやすく、気づかずにいるとどんどん美しさを奪われてしまいます。
姫春星を育てる時は、カビや害虫予防の対策を立てるようにしてくださいね。

水やりや植え替えのタイミングを掴んで育てることで、上手に育ってくれますよ。

姫春星の育て方はオンとオフをつける

姫春星は大切に育てるだけではなく、時には過酷な状況に追いやることも必要です。
活動している時期と、休んでいる時期のメリハリをつけるようにします。

かわいがるあまり、水やりをたくさんしてしまったり、肥料をいっぱい使ったり、1年を通して暖かい環境にしてしまうと、弱ってしまいます。

特に暑さと寒さ、湿度と乾燥の差をつけることで、成長期の伸びや花の付きが変わります。
初めは戸惑うこともあると思いますが、成長のサイクルを観察しながら育ててみてくださいね。