姫春星は冬の温度管理が重要!無事に冬を越すための最適温度とは?

サボテンを育てていて、冬に枯らしてしまった経験を持っている人は意外と多くいます。
姫春星も無事に冬を越し、春に美しい花をさかせるためには、温度管理に秘密があります。

姫春星の温度管理は冬がポイント

姫春星は高温多湿に弱いという特徴があります。
夏は遮光をしながら、風通しを良くするようにしましょう。

室内栽培の場合は、夏のエアコンの温度も注意をしましょう。
人間に合わせると、姫春星にはやや涼しすぎる可能性もあります。
エアコンの風が当たらない窓辺に置くと良いですよ。

冬は5℃以上あると、安心です。
室内でも屋外でも良いのですが、この温度以下になると、枯れてしまう可能性があります。

寒さは姫春星を一気に弱らせますので、冬の温度管理はいつも以上に気をつける方が良いですね。

姫春星は温度差があると良く育つ

姫春星は“差”があるとメリハリがついて、良く育ちます。
これは温度にも言えることで、1日の気温差、季節による気温差があるほうが良いのです。

暑さや寒さには限度がありますが、その範囲内で温度差を感じてもらえるように育てるようにしてくださいね。

春から秋は、外で育てる方が1日の温度差を感じやすくなりますので、できれば外での栽培がお勧めです。

冬の寒さも春を迎えるには必要な時期ですから、凍らない程度の寒さを与えてくださいね。