姫春星栽培は置き場所で左右される!?理想の置き場所とは?

姫春星を元気に育てるためには、置き場所にも気を配りましょう。
良い置き場所の条件をひとつでも多く満たして、理想の場所を作ってくださいね。

姫春星の置き場所で1年中必要なもの

姫春星が育つために必要なもののひとつは、日当たりです。
小さな株でも成長した株でも、太陽光がなければ育ちません。

直射日光は苦手ですので、柔らかい日光が当たる場所に置くと、すくすくと育ちます。
太陽に当てることは、害虫やカビ予防にもなります。

もうひとつ必要な要素は、風通しです。
風は湿度を溜めないためにも必要です。

特に梅雨時は風通しの良いところに置くようにしてくださいね。
室内栽培でも、時々は外に置いて、風を当てることが必要です。

姫春星は四季で置き場所を変える

置き場所は季節で変えることも大切です。
1年の中で寒暖差が大きいところは特に気をつけましょう。

春から秋は、日当たりも風通しも良い場所がベストです。
屋外でも室内でも良いので、直射日光は避けてくださいね。

冬はできれば室内の方が良いですよ。
日の光がたくさん入るところに置くようにしてください。

春から外で栽培する時は、少しずつ外に慣れさせます。
一気に外に移さずに、昼間だけ外に置いて、夜には室内に入れるという具合に、外に置く時間を少しずつ増やすようにすると環境の違いに慣れやすくなります。