姫春星の水やりはコレに気をつけると大丈夫!超簡単なコツとは?

水やりを適切に行えるようになると、姫春星の栽培がさらに楽しくなります。
栽培のベテランさんでも、同じ品種でも個体が変わると水やりに悩むこともありますので、自分の姫春星にあった水やりを覚えましょう。

姫春星の水やりタイミング

水やりのタイミングは、「土が乾いたら」というのが一般的に言われていることです。
姫春星の場合もこれが当てはまります。

土の中まで乾燥してから、水やりをする方が良いですから、このタイミングは水やりの基本です。
土表面が乾いたら水をやるのではなく、数日待ってから水やりをします。

こうすることで、土の中までしっかりと乾燥させてから水やりをすることができます。
水のやり過ぎは、根を傷めますし、カビの原因にもなりますので、くれぐれも注意をしてくださいね。

姫春星の季節による水やりの違い

水やりは季節によって変えるようにする必要もあります。
姫春星には成長期と休眠期があり、そのサイクルに合わせると失敗はなくなります。

春と夏は、土が十分乾いてからたっぷりと水やりをします。
鉢底の穴から水が溢れるくらいの量が必要です。

気温が下がり始める秋には、10日に1回くらいのペースにします。
このペースでも土が乾いていなければ、水やりを少し伸ばします。

そして冬は断水をします。
この断水により、春には綺麗な花を咲かせてくれるようになります。