姫春星が枯れるともうダメ?枯らさない方法と枯れた時の対処方法は?

サボテンは枯れないと思っている人も多いのですが、残念ながら枯れます。
枯れるには理由があり、もちろん対象方法もあります。
姫春星を枯らさないように、どうしたら良いのかを学んでおきましょう。

姫春星が枯れる3つの原因

姫春星は加湿、栄養過剰、害虫により枯れることがあります。
これらの対策をすることで、枯れから守ることができます。

加湿は水のやり過ぎが原因です。
姫春星の水やりはやや控えめくらいが良いので、あげ過ぎ注意です。

肥料のあげ過ぎも枯れる原因です。
姫春星は肥料も控えめがちょうど良い量です。

害虫は姫春星の水分と栄養をもらって成長します。
過度な湿度、過度な乾燥の状態が長く続くと、害虫が付きやすくなりますので、注意が必要です。

姫春星が枯れた時の対応

姫春星がもし枯れてしまっても、枯れる前兆を見つけてしまっても、早期に適切な対応をすると大事には至らないことが多いですので、安心してください。

姫春星が萎んできたり、変色してきた時には、害虫がいないかを確認し、次に根の状態を確認します。
どちらかが原因の場合は、痛んだ根を切ったり、害虫を除去することで改善されます。

すっかり枯れてしまった時は、その部分を広範囲にカットします。
そのままにしておくと、どんどん広がってしまいます。

切って形が少し歪んでも、子株をつけることで見た目は回復することも多いですから、様子をみましょう。