三角柱サボテンのカビ対策!カビが生えた時の対処法とは?

三角柱に限らず、サボテンにはカビが生えてしまうことがあります。サボテンはついつい手入れを怠り一つの場所に留めてしまうことが多いです。その場所に湿った空気が滞留すると表面や根にカビが生えてしまうことがあります。カビの予防や対処法についてお話します。

三角柱のカビ予防とは?どうすればカビを防げる?

三角柱は、室内で栽培することが多いので、カビが生える可能性は高いといえるかもしれません。梅雨の時期など、ジメッとした空気の中、空気の入れ替えを怠ると表面にカビが生えてしまうことがあります。特に多湿な時期は空気の入れ替えなどを意識して、除湿に努めましょう。また、成育期といえども、土が乾ききる前に水やりをしてしまうと、根がダメージを受けたり、カビが生える可能性があります。水やりの回数はかなり絞って行うようにしましょう。

三角柱にカビが生えてしまった時の対処法!

三角柱の表面にカビが生えてしまった時は、早急に歯ブラシで綺麗に擦り落とすといった対処をしましょう。完璧に落とさなければ、またカビは広がってしまいますので丁寧に行いましょう。根からカビが侵入し、茎が黒ずんでいる時は、土から三角柱を抜いて、カビに侵されて腐った根や茎を切ってしまいましょう。侵食がひどい時は胴切りします。切断面が大きい場所には、粉末のダイセンなどを塗って殺菌しましょう。しばらく風通しの良いところに置いて乾燥させ、切断面から発根が見られたら、新しい土に植え替えるようにしましょう。