三角柱サボテンに肥料は必要?適した種類や与える量とは?

三角柱を栽培する時は、慎重に肥料を与える必要があります。日光と水やりと肥料の量は、バランスをとりながら栽培することが大切です。日光の量が不足気味にもかかわらず、水や肥料を与えすぎると、徒長して、ヒョロヒョロと細長くなってしまう可能性があります。接木の台木として三角柱を使用している場合は特に、どっしりとした姿を保てるように適切に肥料を与える必要があります。

三角柱の成育期には、液体肥料を与えてみよう!

春から秋にかけては三角柱の成育期です。この時期には、少量の液体肥料を与えてみてもよいでしょう。特によく生長する春や秋に限り、月に一回程度、水やりの水に少量の液肥を混ぜて与えてみましょう。観葉植物用のものなど刺激の少ない液肥を選びましょう。日光の量が少ない時は肥料は与えない方がよいでしょう。

三角柱の植え替え時には、土に有機肥料を混ぜ込もう!

三角柱の植え替えをする時は、少量の有機肥料を培養土に混ぜ込むとよいかもしれません。マグアンプkなどの緩効性の肥料は、植物の生長に伴って栄養分が土に溶け出す仕組みになっているので、サボテン栽培には適しています。培養土に腐葉土など、肥料分が多い場合は無理に肥料を混ぜ込む必要はありません。軽石や赤玉土などを多く含み、水はけのよさを重視した培養土の場合に限り、肥料を与えてみましょう。