三角柱サボテンが被害を受けやすい害虫とは?その予防や対処法!

三角柱などのサボテンは、害虫被害を受ける恐れがあります。三角柱は、接木の台木として使用されることが多く、室内でインテリアとして栽培される場合が多いと思います。室内中心の栽培だと、ナメクジなどの大きな害虫被害に遭う確率は低くなりますが、室内栽培でも被害に遭ってしまう害虫はいくつかいます。三角柱の栽培で気をつけたい害虫被害の予防や対処法をご紹介します。

三角柱が室内で被害に遭いやすい害虫…カイガラムシ!

室内に置いていても被害に遭う可能性がある害虫として、カイガラムシが挙げられます。カイガラムシは、2〜3㎜しかない小さな害虫です。幼虫が発生していても気がつきにくく、成虫になると貝殻を持つので、駆除スプレーなどが効きにくくなります。白くて丸いコナカイガラムシの被害が多いです。吸汁被害を受けて枯れやすくなってしまうので、見つけ次第歯ブラシで擦り落とすなどの対処をしましょう。駆除スプレーを使う場合は、カイガラムシ専用のものを使うようにしましょう。

三角柱の休眠期の害虫被害は、根ジラミに注意!

三角柱は寒さに強くないため、冬場は室内でかなり乾燥気味に管理する必要があります。根ジラミはそのような乾燥した土に発生しやすい害虫です。休眠期は特に注意が必要です。根ジラミがわくと、根から栄養分が吸われてしまうので、三角柱が縮んでいたり、張りが感じられない時は、要注意です。土から抜いて、よく観察しましょう。土に白く点々がついていたら根ジラミが発生していると思われます。根が腐れているところは綺麗に切ってしまいましょう。希釈したアクテリック乳剤などに根をつけて消毒し、一週間程度よく乾燥させてから新しい土に植えつけてみましょう。時間はかかるかもしれませんが、うまくいけば、また根付いてくれるはずです。