ブラジリカクタスの温度管理とは?その秘訣2選!

ブラジリカクタス属サボテンは暑いのには強く寒いのには弱いというイメージですが、実際の所はどうなのでしょうか?
また、ブラジリカクタスが健やかに成長するために行うべき温度管理とはどういったものがあるのでしょうか?
こちらでは、ブラジリカクタスの温度を管理するその秘訣をご紹介します!

ブラジリカクタスの越冬は温度が安定した場所で!

ブラジリカクタス属サボテンは寒さに強い種類のサボテンですが、冬の時期、気温が5℃を下回るような時には屋内の窓際や縁側など、太陽光が当たる場所で栽培することが温度管理の秘訣です。
気温が上がらない日にはブラジリカクタスの寒さへの耐性を過信せず、特に朝方の冷害には注意をしておきましょう。
長期間温度が低く日光が当たらない場所に置いておくと、ブラジリカクタスに変色や弱りが出てきますので、朝から太陽が当たる場所で栽培するようにしましょう。

ブラジリカクタスは急激な温度変化のない場所で!

ブラジリカクタス属サボテンは急激な温度の変化には対応できませんので、温度の安定した場所で栽培するのが温度管理の秘訣です。
クーラーなど冷風が直接当たってしまう場所や、温風が吹き付ける場所には置かないようにしましょう。
休眠する冬の時期以外は、屋外に置いてあげるとよく成長します。