銀冠玉サボテンの植え替えをする時!知っておきたい知識2選!

銀冠玉サボテンは比較的成長が遅いタイプのサボテンですが、植え替えはどのように行うと良いのでしょうか?
植え替えの時期やその方法など、なにか銀冠玉サボテンには特別な配慮が必要なのでしょうか?
こちらでは銀冠玉サボテンを植え替えるにあたって、知っておきたい知識をご紹介します!

銀冠玉サボテンは植え替える時に根を確認!

銀冠玉サボテンを植え替えするときは、めったに見ることができない根を確認する良い機会ですから、根についた土をキレイに落として根の健康状態を確認してあげることが大切です。
土を落とした根は日陰で3日程乾かしてから、新しい土に植え替えをすると銀冠玉サボテンが良い状態となり、植え替えを成功させることができます。
悪くなった根は赤茶色になっていますので、そういった状態の根を見つけた時は熱湯消毒をしたはさみやカミソリを使って切ってしまいましょう。

銀冠玉サボテンは植え替える季節を選びましょう!

銀冠玉サボテンは寒さが苦手ですので、植え替える季節は気温がしっかりと上がった春に行うのが好ましいです。
また、根を乾燥させる時に雨が当たるといけませんので、晴れてお天気が安定している1週間を選びましょう。
銀冠玉サボテンには植え替えの日から前後1週間は水を与えずに、乾燥させておくことが植え替えを成功させる秘訣です。