紫雲丸は高い温度でも大丈夫?紫雲丸が元気に育ちやすい適温とは?

紫雲丸が元気に育つには、温度管理も必要です。
温度をコントロールして、紫雲丸栽培を上手に行いましょう。

紫雲丸の温度の限界

紫雲丸の原産国では気温が高くても30℃くらいです。
それ以上の温度に長時間いることは、紫雲丸へのダメージが高くなります。

日本の夏の暑さは、紫雲丸には厳しい温度ということができます。
屋外で栽培している人もいると思いますが、真夏は要注意です。

冬の寒さもあまり好みませんので、できれば5℃以上を保つようにすると良いですよ。
暖かい地域では、1年を通して屋外での栽培が可能です。

冬の温度が下がる地域では、秋くらいから室内に入れて温度管理をするようにしてくださいね。

紫雲丸の温度を保つ工夫

温度をキープするには、いくつかの方法があります。
ここでは一番手軽にできる方法をご紹介します。

夏の暑さ対策は、遮光シートやレースのカーテンなどが手軽で使いやすいものです。
直射日光を避けるだけでも、暑さを和らげることができます。

冬の寒さは、室内で栽培する、小さな温室を作るなどが良いのですが、一時的な防寒対策あれば、プチプチシートを使ったり、保温シートを使うのもお手軽です。

上手な温度管理は、栽培上手につながりますので、いろいろな方法を試してみてくださいね。