紫雲丸が育つ置き場所は屋外?室内?良い環境を整える方法とは?

紫雲丸の置き場所はどこにしようと思っていますか?
お庭?ベランダ?室内の窓辺?どこに置くと紫雲丸が良く育つのか、それぞれの注意点はあるのかをご紹介します。

紫雲丸を屋外の置き場所の注意点

お庭でもベランダでも、屋外に置く時は強い日光と湿度に気をつけましょう。
日当たりは大切ですが、柔らかな光が当たるようにします。
遮光シートなどを使うと、簡単に光の調整ができます。

湿度にも弱い紫雲丸ですから、風通しも大切です。
日当たりを調整しても、風通しが悪いと少しの熱も籠りやすくなります。

背の高い植物の隣には置かない、1か所にたくさんの鉢を置かないというような工夫も必要です。
また、雨水が直接当たるところも避ける方が良いですね。

室内の紫雲丸はアノ場所を避ける

小さな紫雲丸は室内でも栽培しやすいですね。
多くの人は窓の近くに置くと思います。

この場合は、夏の強い光が当たらないように、レースのカーテンや遮光シートなどを使って調整をしてくださいね。

そして意外と忘れがちなのが、エアコンの風が届かないところに置くようにしてください。
エアコンの風は紫雲丸の表面を乾燥させてしまいます。

湿度にも弱いですが、過度な乾燥も病気や害虫の原因になります。
同じ理由で、暖房器具の近くにも置かないようにしてくださいね。