袖ヶ浦の水やりのしかた!適切な量や回数とは?

袖ヶ浦を育てる時は、まず日光量をしっかりと確保することが大切です。どのくらい日光や風にあてられる環境にあるかということで、与えるべき水の量は変わってきます。どっしりとした袖ヶ浦の形を損ねないようにするために、適切な水やりをすることが大切です。

袖ヶ浦の成育期の水やりの量や回数とは?

春から秋にかけて、袖ヶ浦は成育期に入るので、定期的に水やりをする必要があります。屋外でしっかりと日光にあてて育てられる場合は、鉢の土が乾いてから、3〜4日経った頃に水やりをするとよいでしょう。生長し、大きくなった袖ヶ浦を栽培している時は、鉢の土の量が増え、乾きが遅くなるので、水やりの回数はやや少なくします。また、屋内でインテリアとして置いているような場合は、かなり乾燥気味に育てる必要があるので、成育期でも水やりは月に一回程度でよいでしょう。一回の水やりの量は鉢底から水が出てくるくらいしっかりと与えましょう。

袖ヶ浦の休眠期に水やりは必要?適切な回数や量は?

冬になり、袖ヶ浦が休眠期に入ったら、断水気味に育てた方がよいでしょう。割と温暖な土地で、冬場も屋外で育てる場合は、月に一回程度、土を湿らすように水やりをするとよいでしょう。屋内であまり陽にあてられないような環境ならば、完全断水をしてしまってよいでしょう。春先には日向に出して、しっかり潅水するようにしましょう。