銀冠玉サボテンの水栽培!気をつけたいポイント2点とは?

銀冠玉サボテンを水栽培してみたいと思っていても、「どんな風に始めたらいいのかわからない」という方が多いと思いますが、銀冠玉サボテンの水栽培は少しのコツを押さえておけば、誰にでも簡単に始めることができるものです!
こちらでは、銀冠玉サボテンの水栽培を始める時に気をつけておきたいポイントをご紹介します。

銀冠玉サボテンは水栽培前に根切りが必要!

水栽培を始める前にまず、今生えている銀冠玉サボテンの根をキレイに切ってしまうことがポイントです!
実は、土の中で伸びてしまった根は水栽培には適しておらず、水を吸い上げることが出来ません。
ですので、銀冠玉サボテンの株ギリギリのところまで今ある根は短く切ってしまいましょう。
水でキレイに洗ったあとに根切りを行い、その後は風通しの良い日陰で1週間から10日ほど乾かしておきましょう。
その間は新しい根が伸びてきているかを必ずチェックしておいてください。

銀冠玉サボテンの水栽培は株を濡らさない!

銀冠玉サボテンに新しい根が生えてきたらいよいよ水栽培をスタートさせますが、銀冠玉サボテンを水栽培の容器にセットする時は、株本体が水に浸からないように気をつけてセットしましょう。
銀冠玉サボテンの株に水が当たっていると、その場所から腐ってしまったり病気になったりしてしまいますのでこれはとても重要なポイントとなります。
根が順調に伸びてくるまでは日陰で様子を伺い、根が伸びてきたら日当たりのいい窓際に移動してあげましょう。