袖ヶ浦にカビが生えた!?サボテンのカビ予防や対処法!

サボテンは、湿度環境や風通しのよさに配慮しなければ、カビが生えてしまうことがあります。表面に白くカビが生えることもあれば、土の中からカビに侵されてしまうこともあります。カビの被害に共通していえることは、侵食スピードがとても早いということです。予防をしっかりと行い、万が一の時は素早い対処が必要です。

袖ヶ浦のカビ予防とは?簡単なカビ対策!

なによりも袖ヶ浦のカビ予防となるのは、湿度環境を整えることです。カビは、どちらかというと屋外よりも屋内の栽培の中で発生しやすい傾向があります。屋外では、多少雨などにあたっても、その後の風通しがよければ素早く乾燥状態に戻すことができるためです。屋内で、高温多湿な状況、またそのような空気が滞っている場合が最もカビの生えやすい環境だといえるでしょう。梅雨など湿気が多い時に、屋内で栽培している場合はなるべく部屋の除湿に努め、扇風機を用いて空気を入れ替えるなどの工夫をしましょう。

袖ヶ浦にカビが生えてしまった時の対処法とは?

袖ヶ浦の表面にカビが生えてしまった時は、歯ブラシなどでカビを残さず擦り落としてしまいましょう。袖ヶ浦は、棘が少ないので、擦りやすく、対処しやすいですね。問題なのは、土にカビが生え、根からカビが侵入している場合です。袖ヶ浦に元気がないと感じたら、土から抜いて根の状態を確認しましょう。土がカビに侵され根腐れを起こしている時は、腐っている部分を綺麗に切って取り除いてしまいましょう。胴の部分まで黒ずんでいる時は、その部分を取り除くように胴切りをします。綺麗な部分だけを残し、その切断部分に、ダイセンなどを塗って消毒します。そのまま、風通しのよい乾燥した場所に置いておくとしばらくして発根をしますので、新しい土に植え替えるようにしましょう。