銀冠玉サボテンにカビが生えてしまった時!その対策2つとは?

銀冠玉サボテンは高温多湿な環境を好みますのでカビ被害にあうことは決して珍しいことではありません。
カビが生えてしまった銀冠玉サボテンを、どうしたら助けることができるのでしょうか?
こちらでは、大切に育てた銀冠玉サボテンにカビが生えてしまった時にとるべき対策をご紹介します

銀冠玉サボテンにカビ取り剤を散布しましょう!

植物用のカビ取り剤を園芸店やホームセンターで購入しますが、その時にスプレータイプのカビ取り剤を購入すると良いでしょう。
カビ取り剤を銀冠玉サボテンに直接吹きかけたあと、さらにカビの生えた部分にだけ使用したい場合は歯ブラシを使用します。
歯ブラシでカビ取り剤を塗るときはゴシゴシとこすったりせずに、やさしく傷をつけないように塗ってあげましょう。

銀冠玉サボテンの置き場所がカビの原因です!

銀冠玉サボテンにカビが生えるのにはその環境が原因であることが多いと言えます。
銀冠玉サボテンにカビが生えてしまうのは、湿度や日当たりの条件がカビの成長に適しているからで、その環境を変えることでカビの被害を防ぐことができます。
カビが生えてしまった時にはカビ取り剤を散布し、しばらくは風通しの良い湿気のこもらない場所で栽培すると良いでしょう。