袖ヶ浦の栽培に必要な肥料について!適した種類や与え方は?

袖ヶ浦は体長が大きく生長が早い分、多くの栄養を必要とします。日光の量が少なく、肥料や水を与えすぎると、ヒョロヒョロと細長くなってしまうので注意は必要ですが、基本的には、サボテン栽培の中では、肥料は多めに与えてよい品種です。袖ヶ浦の栽培に適した肥料の種類や量についてお話します。

袖ヶ浦の成育期には液体肥料を与えよう!

袖ヶ浦がよく生長する春や秋には、水やりの水に液肥を混ぜて与えるとよいでしょう。観葉植物用の液肥がよいと思います。体長20㎝程度の小さなものならば、数滴程度混ぜればよいと思います。体長が大きくなり、水やりの量が多くなるに従い、肥料の量も少しずつ増やすとよいでしょう。成育期といえども、肥料を与えるのは、月に一回程度でよいでしょう。あとは、元気がないと感じる時に、適宜与えるようにしましょう。もし、屋内で栽培をする場合は、かなり乾燥状態を保ちながら育てる必要があるので、肥料も無理に与える必要はありません。

袖ヶ浦の植え替えをする時は、有機肥料を加えよう!

袖ヶ浦の植え替えをする時は、培養土の中に有機肥料を加えるとよいでしょう。マグアンプkなどの緩効性の肥料は、植物の生長に伴って栄養分が溶け出してくるので、サボテンなどにはオススメの肥料です。屋外でしっかりと大きく育てていきたい場合は、鶏糞などを土に混ぜ込んでもよいでしょう。ただし、肥料の量は、野菜や花に与える量よりは少なめに与えるようにしましょう。