紫雲丸を元気にする肥料!適切な時期に適量を与えるその目安は?

植物を育てる時に、肥料が必ず必要と思っていませんか?
サボテンに関しては、あまり必要がありません。
紫雲丸の場合は、少量使うことで成長が良くなりますので、加減を知っておきましょう。

紫雲丸に使いやすい肥料

肥料にはいくつもの種類があり、園芸店やホームセンターなどに行くと、どれを買って良いかわからなくなりますよね。

サボテンや観葉植物用の肥料があれば、それを使うと間違いありません。
その中でも、腐葉土を使った肥料は避けた方が良いかもしれませんね。

水分が多いのと、使い過ぎると栄養過多になり、根腐れの原因になります。
有機肥料、固形肥料、液体肥料が使いやすい種類になります。

初めての人には、固形肥料や液体肥料が使いやすいですよ。
量の調整もしやすいですし、使う目安もわかりやすく、失敗が少なくなります。

紫雲丸に肥料を使っちゃいけない時期は?

肥料は成長期に栄養が十分に回るように使います。
紫雲丸の成長期は、春と秋なのでこの時期に肥料やりをします。

それ以外の夏と冬は、肥料は不要です。
この時期に使ってしまうと、成長期が終わりせっかく休もうとしている根に負担をかけてしまうことになります。

肥料焼けは、休眠期に肥料を使ったり、成長期に必要以上の量を使うことにより起こるトラブルです。
必要な時期に適量を守って使うようにしてくださいね。