紫雲丸の害虫は早期発見!早期対処!手遅れにならない方法とは?

害虫は気をつけていても付いてしまうものです。
一度付いてしまうと、しばらくは油断できません。
害虫被害は侮れませんので、早期発見早期対処を心がけましょう。

害虫は紫雲丸のどこに付く?

紫雲丸にはカイガラムシやハダニなどが、トゲや肌に多く付きます。
小さな株がポコポコとついているため、害虫がついても目立たないこともあります。

トゲには成虫だけではなく、卵がついていることもあります。
ハダニなどは、1回に多くの卵を産み、次から次へと孵化しますので、1匹見つけたら相当な数が潜んでいると考えた方が良いですよ。

害虫は紫雲丸の栄養を吸い取り、弱らせるだけではなく、カビの原因にもなりますので、予防をしっかり行いましょう。

害虫チェックは紫雲丸の健康管理の基本

害虫は早期に見つけることで、対応がしやすくなります。
毎日のチェックが元気な紫雲丸を育てます。

カイガラムシのような大きめの害虫は、ひとつひとつヘラやピンセットなどで取り除く方が確実です。
成虫になると殻のようなものに守られ、害虫駆除用のスプレーが効かないことが多いのです。

ハダニなどの小さな害虫は、水をかけて一気に除去することが可能です。

目に見えている害虫を駆除した後も、まだ孵化してくるものがいる可能性もありますので、しばらくは注意深く観察してくださいね。