紫太陽の植え替え方とは?枯らさないコツをご紹介!

紫太陽は生長に伴い、定期的に植え替えをする必要があります。植え替えには、土の中に含まれる栄養素を保ち、根が窮屈になることを防ぐ役割があります。紫太陽の栽培では、少なくとも2年に一度、できれば1年に一度くらい植え替えをしたいところです。植え替えのやり方を間違うと根腐れなどのトラブルをおこすことも多いので、ポイントを押さえて植え替えましょう。

紫太陽の植え替えに適した時期はいつ?

紫太陽は春から秋にかけて成育期を迎えます。植え替える時期は、成育期の初め頃を選ぶと、土に根付くのが早く、スムーズに生長していきます。紫太陽の場合は3〜4月や9月頃に植え替えるとよいでしょう。紫太陽は夏にもよく生長をすることが多いですが、花が咲くタイミングでもあり、植え替え時のトラブルもおきやすいので、植え替えは避けた方がよいでしょう。

紫太陽をうまく植え替えるコツとは?

紫太陽を植え替える時は、土から苗を抜いたら、根をほぐすようにして古い土を落としましょう。古い土はなるべく綺麗に落とすことが大切です。直径が数㎝程度の小さな苗の場合はあまり根に手をつけない方がよいでしょう。株が生長して、根が長く絡まっているような時は、細根を切って根の整理をしましょう。ハサミは殺菌済みのものを使いましょう。根は2〜3㎝ほど残っていれば問題ありません。株がかなり大きくなって鉢が窮屈な場合は、ワンサイズ大きな鉢に変えて植え替えましょう。植え替えてから一週間程度は、水やりを控えるようにしましょう。