岩牡丹の適切な温度!温度管理をしてグングン育てよう!

サボテン岩牡丹が元気に育っていく良い環境づくりには、温度管理も欠かせません。温度管理は基本をおさえておけば難しくはないので日常の中でしていく事ができます。ポイントとなる3つを覚えておきましょう。

保っておきたい岩牡丹の基本の温度

サボテン岩牡丹は0℃まで耐える事ができますが健康に育てていく為に保っておきたい温度の目安は5℃です。
5℃以上の環境で育てていきましょう。

岩牡丹の寒い冬場の温度管理

普段はベランダや庭などの屋外で育てていても、寒さが厳しくなる冬には屋内へ移動するなどの工夫が必要です。
移動した屋内では暖房の真下やヒーターなどの近くには置かないように注意しましょう。

岩牡丹の暑い夏場の温度管理

植物であるサボテン岩牡丹も生きているので暑さの厳しい夏になれば人間と同様に夏バテを起こす事があります。枯れてしまったり本体が柔らかくなったりと元気がなくなります。夏バテ対策にも適切な温度管理が大切です。
40℃以上の暑さには耐えられないので屋外などで育てている場合には、日差し避けなどを使って直射日光を当てすぎないようにしましょう。夏のエアコンの当てすぎにも気をつけて上手な温度管理をしていきましょう。