紫太陽の温度管理のしかたとは?何度まで平気?

温度管理が非常に繊細なサボテンは割と多いです。中には温室必須、加温フレーム必須というようなものもあります。そのような品種と比べれば、紫太陽の温度管理はかなり容易な部類に入るでしょう。最低限のポイントを理解して、適切な温度環境をつくってみましょう。

紫太陽の成育期の温度管理について!真夏も平気?

紫太陽は遮断物のない砂漠に自生しているため、暑さにはかなり強い品種です。夏場も基本的に屋外で管理して問題ないでしょう。しかし、自生地では、昼と夜の温度差があり、それがよりよい生長につながっています。風がなく、熱帯夜となってしまうような環境では、弱ってしまうこともあります。夕方頃から屋内に入れて、扇風機で風にあてるなど、温度差をつくる工夫をすると、初夏には綺麗な花を咲かせてくれる確率が高まりますよ。

紫太陽の休眠期の温度管理について!寒さにも強い?

紫太陽は寒さにも比較的強く、温度としては0度くらいまでなら耐えられるでしょう。しかし、冬にも屋外に置いてしまうと、雨に打たれたり霜がついたりする可能性があるので、なるべく屋内で栽培した方がよいでしょう。屋内では、あまり温度に気を配る必要はありませんが、日当たりのよさと、風通しをよくすることには、配慮が必要です。加湿器の側や、エアコンの風が直接あたるような場所は避けましょう。