紫太陽の水やりのしかた!メリハリの効いた水やりとは?

紫太陽の栽培において、水やりのしかたはとても重要です。湿気に弱い紫太陽にとって、適切な水やりをすることが枯らさずに育てる最大のコツといえるでしょう。紫太陽の成育時期などを考えながら状況に応じた水やりを心がけましょう。正しい水やり方法をご紹介します。

紫太陽の成育期の水やりは、一度にたっぷりと!

春から秋にかけての成育期における紫太陽の水やりは、土がしっかりと乾いてから3〜4日経ったら水やりをする、ということが基本です。大きな鉢ほど土が乾きにくいので、一週間に一度など、水やりの回数は少なめにしましょう。ただし、一回の水やりの量は、かなりたっぷりと与えても大丈夫です。鉢の底から水が出てくるくらいまで水を与えましょう。夏の暑い時期は、夕方など、涼しい時間帯に水やりをするように心がけましょう。

紫太陽の休眠期の水やり方法とは?完全断水?

冬になり、紫太陽の休眠期に入ると、水やりはほとんど止めてしまって大丈夫です。断水をすることによって、紫太陽は休眠状態に入るので、冬の寒い環境にも耐えるようになります。屋内の比較的暖かい場所で栽培ができている場合は、一ヶ月に一度くらい、土を湿らすように少量の水やりをするとよいでしょう。また、休眠期とは異なりますが、梅雨は空気中の湿気が多くなるので、水やりをする必要はないでしょう。一ヶ月程度断水をして大丈夫です。