紫太陽のカビ対策について!カビの予防や対処法とは?

紫太陽の栽培では、湿度が高くならないように気をつける必要がありますが、それは、一方でカビ対策にもなっています。一番のカビ予防となるのは、空気中の湿度を下げ、土の中の乾燥状態を保つことです。水やりの回数が多すぎたり、梅雨に湿気た空気が屋内に滞留したりすると、カビが生えてしまう可能性があります。万が一カビが生えた時の対処法をご紹介します。

紫太陽の表面カビには、どう対処すればいい?

紫太陽の表面が白くなっているような時は、カビが生えている可能性があります。歯ブラシなどで、擦って落としてみるとよいでしょう。程度が軽ければ、一度カビを綺麗に擦り落として、栽培環境を向上させれば問題なく生長していくと思います。もし、株そのものがシワシワとしていたり、根元が黒ずんでいるという時は、根もカビに侵されている可能性があるので、早急に植え替え作業を行いましょう。

紫太陽の根がカビに侵された時の対処法とは?

紫太陽の根がカビに侵されている心配がある時は、とにかく土から抜いてみましょう。古い土を払い落として、根の観察をしましょう。根が茶色く腐れているような時は、その部分を殺菌されたハサミで綺麗に切り取ってしまいましょう。胴まで黒ずんでいる時は、思い切って胴切りしてしまいます。切断面が大きい時は、ダイセンなどを塗って消毒した上で、よく乾燥させましょう。新しい土に置くようにして植え替えると、しばらくして新しい根が生えてくるかもしれません。冬場に植え替えた場合はなかなか根が出ないことがありますが、根気よく待ってみましょう。この期間に安易に水やりをすることは避けましょう。