紫太陽に肥料は必要?正しい肥料の与え方!

サボテンに肥料を与える時は、その種類や量に注意が必要です。サボテンは生長の遅い植物なので、野菜や花に与える肥料などと比べると、ずっと少なく、刺激の少ない肥料を与えなければいけません。また、与える時期も絞る必要があります。紫太陽をよりよく生長させる肥料についてお話します。

紫太陽の成育期には、少量の液体肥料を与えよう!

紫太陽がよく生長する春から秋にかけては、定期的に液体肥料を与えるとよいでしょう。観葉植物用の液肥を一ヶ月に一度、水やりの水に数滴混ぜて与えてみましょう。株の様子をよく見て、細長く徒長していっているような時は肥料は与えず、水やりの量も減らしてみましょう。肥料を与える時は、特に日光にしっかりとあてることを意識して栽培しましょう。梅雨の時期は、水、肥料ともに与えない方がよいでしょう。

紫太陽の植え替え時には、有機肥料を与えよう!

春や秋に紫太陽の植え替えをする時は、土の中に、少量の有機肥料を混ぜるとよいでしょう。肥料はマグアンプkなど、緩効性のものを使用しましょう。市販のサボテンの培養土を使っている場合は、土にほんの一握りパラパラとかける程度の量を混ぜてみましょう。プランター用の土と赤玉土などを混ぜて、培養土をつくっている場合は、プランター用の土の成分や量をよく考え、元々肥料分が多いようならば、わざわざ肥料を混ぜ込む必要はないでしょう。プランター用の土が2割など、少ない分量で栽培している時は、少し肥料を加えてみましょう。