武蔵野の温度管理は最優先事項!武蔵野の特性を熟知して温度を調整!

武蔵野を育てる時に、一番気をつけたら良いものに、温度管理が挙げられます。
サボテンは暑さに強いと思って育てずに、武蔵野に合った温度で栽培するようにしてくださいね。

武蔵野は低い温度が心地よい

高原地帯の涼しい温度のところで武蔵野は育ちました。
ですから、比較的寒さには強いと言われています。

暖かい地域ですと、1年中外での栽培が可能です。
最低気温が5℃を下回るようであれば、室内の方が安全です。

冬は日当たりの良い窓辺や、日光が十分当たる外に置くと、ゆっくりと休むことができます。
花のつきがあまり良い方ではない武蔵野ですが、成長期と休眠期のメリハリをつけることで、綺麗な花を咲かせますので、冬は温度をしっかり管理するようにしてくださいね。

温度の上昇は武蔵野に負担をかける

武蔵野は高温多湿に弱いため、真夏の暑さは避けるようにしましょう。
原産国からの輸入ではなく、品種改良や日本で育った武蔵野から種を取ったとしても、やはり暑さに弱いというのに変わりはありません。

夏の暑さはせいぜい30℃くらいまでで、それ以上になるようでしたら、遮光をするか明るい日陰に入れるなどして、温度が高くなり過ぎないように気をつけましょう。

急激に温度が上がったり、長く暑いところに置いておくと、日焼けをしたり枯れたりしてしまいます。