武蔵野が良く育つには置き場所も大切!成長に適している場所とは?

武蔵野を元気に育てるためには、置き場所に気を使ってあげてください。
日当たりや風通しなど、武蔵野にとって育ちやすい環境を用意しましょう。

武蔵野が好む場所の特徴

武蔵野は涼しいところを好みます。
直射日光は避ける方が無難です。

どうしても直射日光が当たる場合は、遮光をしましょう。
遮光用のアイテムはホームセンターなどに売っていますので、活用してくださいね。

室内の場合は、窓辺でカーテン越しに置いたり、ブラインドで光の量を調整すると、簡単にできます。
そして、風が通る環境も好みます。

湿度に弱いため、風通しの良さも武蔵野には必要です。
風通しは害虫予防やカビ予防にもなりますので、ぜひ注意をしてくださいね。

武蔵野の置き場所は季節で変える

置き場所は気温の変化によって変えるようにしましょう。
1年を通して気温差がある地域では、特に気をつけましょう。

春や秋では、日当たりを重視して置き場所を決めます。
この時期は成長期にも当たりますので、光が大切です。

夏は遮光をしながら、風通し重視の場所がベストです。
あまり強い光に当たると、日焼けをしてしますので、見た目に残念なことになってしまいます。

冬は屋外でも良いのですが、5℃を下回るような時は室内に入れましょう。
冬も日当たりは大切ですから、明るいところに置くようにしてくださいね。