武蔵野の育つ環境はカビに強い!それでも発生するカビをどう退治する?

武蔵野は比較的カビが付きにくのですが、予防をするに越したことはありません。
大切な武蔵野をカビから守る方法を覚えて置くと良いですよ。

武蔵野にカビが付きにくいけれど・・・

乾燥気味で育てる方が良い武蔵野ですから、環境的にはカビが発生しにくいですね。
ですが、梅雨時期は除湿をするのも限界があります。

室内での栽培の場合は、エアコンや除湿器などを使って湿度管理をすることが可能ですが、屋外での栽培は湿度管理がとても大変です。

水やりを少なくする、土を乾かすために風通しを良くする、晴れた日は日光に当てるなどの対策が必要です。

カビ予防は、土と根の乾燥が一番の予防になりますので、水はけの良い土を使う、風通しの良い鉢を使うということも予防になりますので、参考にしてみて下さい。

武蔵野のカビ退治はこうする!

カビのサインは、根元や本体の場合は、変色がわかりやすいですね。
土の表面の色が白くなった時も要注意です。

さらに土の乾きが悪くなった場合は、土中の根にカビが付いた可能性もありますので、確認してみるようにしてください。

もしカビが付いたら、その部分を取り除き、しっかり乾燥させましょう。
ジメジメしたところにカビは付きます。

それは植物でも同じですので、乾燥を心がけてください。
何度もカビが付く場合は、土の種類を変える、鉢を変えるというのも必要ですよ。