武蔵野が元気になる肥料の使い方!思っているよりも少なめが良いの?

肥料の使い方は思っているよりもデリケートです。
武蔵野にちょうど良い量とお勧めの肥料を考えて行きましょう。

武蔵野の肥料の適量は?

肥料は育てるにあたって必須ではなく、成長のスピードを上げたい、もっと艶が欲しい、もう少し元気が欲しいなどという時に使うようにします。

ですから、それほど多くの量を必要としません。
量は肥料のパッケージに目安が書いてありますので、それを参考にします。

鉢の大きさや本体の大きさ、時期によって若干変わりますので、あくまでも目安として考えてくださいね。

もし使う量を迷った時は、少なめにしてください。
肥料を使い過ぎると、土中の栄養や成分の濃度が高くなり、根が吸収しにくくなり負担になります。

そうなるとせっかくの肥料も逆効果になってしまいますので、お気をつけください。

武蔵野にぴったりの肥料

肥料には種類があり、使う植物や使う時期などにより、選ぶものが変わってきます。
武蔵野の場合は、肥料の時期としては、春と秋の成長期と花が咲く前くらいがベストです。

肥料には土に混ぜるタイプ、土や鉢底に置くタイプ、水などに混ぜて使うタイプなどがあります。
それぞれに良さがあります。

初めての武蔵野栽培の場合は、植え替えの時に鉢底に置くタイプが使い勝手が良いですよ。
ゆっくりと土に浸透して根から吸収されますので、根への負担も少ないですし、あげ過ぎ帽子にもなります。