普段からできる害虫対策2つと発生した時の対処方法!

サボテン岩牡丹に害虫が発生すると部分的に白や茶色くなります。害虫被害は成長を邪魔して、根腐れや枯れる原因にもなってしまいます。日頃から害虫対策をしていく事で被害にあうことなく快適に育てていけます。害虫を見つけても、すばやく対処すれば再び育てていく事ができるので心配いりません。

岩牡丹に害虫!育てる環境の湿度に気をつけよう

日光が当たらず、風通しも悪いジメジメした場所は湿度が高くなりますよね。こうした環境を害虫は好むので発生しやすくなります。
サボテン岩牡丹を育てる環境の湿度管理に気をつけていく事は、普段からできる害虫対策です。

岩牡丹に害虫!他の植物から移動してくる害虫を防ごう

ベランダや庭などで他の植物も同じスペースで一緒に育てている場合には注意が必要です。
他の植物に発生した害虫が移動してきてしまう事があります。なのでできるだけ他の植物と距離をあけた環境をつくりましょう。

岩牡丹に害虫!害虫を見つけたその時は

害虫を見つけた時は慌てずに早めに正しく対処する事が、健康に回復させる近道になります。まずはサボテン岩牡丹に付着している害虫をすべて取り除きます。その時には使わない歯ブラシや霧吹きなどを使って取りぞいていきましょう。害虫の被害で腐ってしまった部分はカットをします。