銀牡丹の植え替え方!失敗しない方法とは?

銀牡丹の植え替えは、定期的に行いましょう。とても生長が遅い品種なので、土の栄養分などはかなり保てる品種ですが、根腐れをおこしてしまうことが多いので、一年に一度は植え替えをして、根の様子をよく観察してみるとよいでしょう。銀牡丹の植え替え方をご紹介します。

銀牡丹を植え替える時は、根のチェックが大事!

銀牡丹は元気であっても、なかなか目に見えた生長をしないので、植え替えの時に根の状態をよく見ることが大切です。根が茶色くなっている時は、根腐れをおこしている可能性が高いです。根腐れをおこしている時は、殺菌されたハサミでその部分と残さず切り取ってしまいましょう。根腐れをおこしていない時も、細く伸びた根の先端部などは切り取って、根を整理しておきましょう。

銀牡丹を植え替える時は、土を改良してみよう!

銀牡丹の根の状態によっては、これまで使っていた土をよりよく改良していくことが大切です。根腐れをおこしかけていた時などは水はけがまだ悪い可能性があるので、プランター用の土を減らし、赤玉土の量を増やすなどの工夫をしてみましょう。今使っている土の配合を覚えておくとよいでしょう。プランター用の土を減らした場合は、マグアンプkなどの肥料を少し混ぜるとよいかもしれません。また、植え替えをした後は、一週間程度水やりは控えましょう。陽にあてるのも、植え替えて一日は避け、徐々に日照時間を増やしていくようにしましょう。