銀牡丹の水やり方法!メリハリのある水やりとは?

サボテン栽培における水やりの基本は、メリハリのある水やりといわれています。メリハリとは、水をやる時、やらない時の差をしっかりとつけるということです。乾燥地に自生しているサボテンにとって、乾燥した状態を一定期間つくることはとても大切です。特に銀牡丹のように、根があまり強くない品種の水やりは、「やらない時」をしっかりつくることが大切です。銀牡丹の水やりの適切な方法をご紹介します。

銀牡丹の成育期の水やりの量や回数とは?

銀牡丹が比較的生長する春や秋には、定期的な水やりが必要です。水やりの基本は、水を与えたあと、土の表面が乾いてから3〜4日くらい経ってから水を与えるというサイクルです。生長が早いサボテンならば、この時期は鉢底から水が出てくるくらいしっかりと水やりをしてよいのですが、銀牡丹の場合は一回の水やりの量は少なめにした方がよいでしょう。土を湿らすように水やりをしてみましょう。

銀牡丹の休眠期の水やりの量や回数は?

銀牡丹は冬になると休眠期に入るので、水やりは、ほぼ断水状態にしてしまってよいでしょう。汚れをとるという意味合いを込めて、一ヶ月に一度くらい体表に霧吹きで少量水をかける程度で十分でしょう。また、夏場は銀牡丹は一旦生長を休む性質があるので、成育期の水やりと比べると、回数を減らす必要があります。二週間に一度くらい、なるべく夕方などの涼しい時間に土を湿らすように水やりをしましょう。