銀牡丹の肥料の与え方とは?適切な種類や量は?

銀牡丹に肥料を与える時は、その種類や量に注意が必要です。サボテンなどの生長の遅い植物に肥料を与える時は、その生長速度に適した強さの肥料を適量与えなければ、刺激が強すぎて逆効果となってしまいます。特に銀牡丹は、サボテンの中でも随一といっていいほど生長が遅い品種なので、肥料はかなり絞って、少なく与えることがポイントです。

銀牡丹の成育期には、少量の液体肥料を!

銀牡丹の春や秋の成育期には、ごく少量の液体肥料を与えるとよいでしょう。液体肥料が、もっとも分量の調整がしやすいので、固形肥料などの塊になったものは避けた方がよいでしょう。観葉植物用の液体肥料などが、成分として優しく、銀牡丹に適しています。一ヶ月に一度、水やりをする時に、水の中に数滴液肥を混ぜて与えてみましょう。早く生長をさせるというよりは、苗の元気を保つという役割だと考えましょう。

銀牡丹の植え替え時には、少量の有機肥料を与えよう!

銀牡丹の土は、かなり水はけのよいものにする必要があるので、軽石や赤玉土を中心につくる必要があります。その時は、やや土の栄養分が不足しているかもしれないので、植え替えをする時に、少量の有機肥料を土に混ぜ込むとよいでしょう。肥料はマグアンプkなどの緩効性のものを使用します。ほんの一握り、パラパラと土にかけるように混ぜれば十分でしょう。