プナ・ボンニアエの間違いない水やりはタイミングと状態を見ながら

育てるのが簡単なプナ・ボンニアエですが、悩みがちな水やりも簡単です。
目安やタイミングの見極めが、とてもわかりやすいですよ。

プナ・ボンニアエの水やりの目安

水やりは季節で少し変わります。
春秋たっぷり、梅雨と夏冬少なめは基本です。

成長期の春と秋は、水を必要としますので、鉢の下から水が滴るくらいにたっぷりとあげてください。
根が成長するために、どんどん水を吸収していきます。

梅雨時期は、空気中の湿度でも水分補給できますので、それほど多くはいりません。
夏と冬は、成長を休める時期ですから、水分がなくても大丈夫です。

特に冬は断水をしても大丈夫なほど、水を必要としません。

プナ・ボンニアエの水やりはタイミングも大事

水やりは、土の“中”まで乾いた時が良いタイミングです。
表面が乾くたびにあげるのは、多過ぎです。

土の表面が乾いて2~3日後くらいだと、土の中まで乾燥しています。
すぐにあげないと枯れてしまうと思ってしまいますが、水不足ですぐ枯れることはあまりありませんので、安心してくださいね。

時間的なタイミングも大切で、夏は気温が上がる前の早朝、冬は気温が上がってからの日中がお勧めです。

気温が上がっている状態で水をあげると、土中の温度も上がり、根に負担が行きます。
寒い時間に水をあげると、土が凍ってしまうこともあります。