世界の図サボテンを大きく育てる肥料のあげ方!そのポイント2つとは?

手をかけなくても育つと思われがちなサボテンですが、お水だけではなく適度な肥料を与えることでより大きく元気に育てることができます。
では、どんな肥料を与えると良いのでしょうか?
世界の図サボテンをより大きく育てるために必要な肥料のポイントをご紹介します。

世界の図サボテンは植え替え時に肥料をあげましょう!

世界の図サボテンには、土に置いたり挿したりするタイプの肥料よりも、植え替えの時に新しい土に混ぜて肥料を与える元肥(もとごえ)という方法が適しています。
植え替えは1年に1度しかありませんので、肥料を与える絶好のチャンスを逃さないようにしましょう。
元肥する肥料の種類ですが、サボテン用の土に「腐葉土」や「緩効性化成肥料」を混ぜると良いでしょう。

肥料吸収の要!世界の図サボテンの根切りをしましょう!

新しい土に肥料を混ぜて土の準備は万端ですが、その栄養を吸い上げる根が古くてはせっかくの栄養が台無しとなってしまいますので、まずは根切りをしてあげましょう。
世界の図サボテンは成長が速い種類ですから、3年以上根切りをしていない個体は積極的に短く切ってあげましょう。
根切りをして伸びてきた新しい根は若々しく、新鮮な土や肥料からしっかりと養分を吸収してくれますので、より大きく元気に世界の図サボテンを育てることができるのです。