かぐや姫サボテンに与える肥料について!適切な種類や量とは?

サボテンは基本的に生長がゆっくりな植物なので、野菜の栽培に使うような速効性の刺激が強い肥料は必要としません。土に含まれている栄養分だけで枯れずに生長することができるものが多いです。かぐや姫が属するエピテランサ属は特に生長が遅いので、肥料は慎重に与える必要があります。かぐや姫に必要な肥料とはどのようなものでしょうか。正しい肥料の与え方についてお話します。

かぐや姫の成育期には、液体肥料を与えてみよう!

4〜5月や9〜10月は、特にかぐや姫がよく生長する成育期です。この時期は比較的多くの栄養分が必要となるので、薄い液体肥料を与えるとより生長を促すことができるでしょう。観葉植物用の刺激の弱い肥料を、水やりをする時に水に少量混ぜ、与えるようにしましょう。1ヶ月に一度程度の回数でよいでしょう。

かぐや姫を植え替える時は、有機肥料を与えてみよう!

かぐや姫の植え替えをする時には、ごく少量の有機肥料を土に混ぜ込むとよいでしょう。これも速効性の肥料などは、刺激が強すぎるので逆効果になってしまいます。マグアンプkなど緩効性の肥料を軽く一握り、土に混ぜ込みましょう。元々、培養土に腐葉土入りの土などを使っている場合は、それ自体に肥料の効果が含まれていることもあるので、成分をよく確認するようにしましょう。