サボテンエキノケレウスの天敵!カビを発生させない為にできる2つの事

土にも根にも、本体にも発生してしまう事があるサボテンエキノケレウスの天敵となるのがカビです。カビが発生して放置してしまうと上手に育っていく事が難しくなってしまいます。
もしも発生してしまった時には早めに対処する事で、被害を抑える事もできます。
カビを歯ブラシや霧吹きなどで取り除いたり、被害の範囲が広い時にはホームセンターなどで購入できるカビ取り剤などを使って対処しましょう。

エキノケレウスの水やりでカビを防ぐ!

間違えた水やりを続けてしまえば鉢の土は常に湿った状態になります。
湿った状態はカビが発生しやすい環境です。
頻繁に水やりをしてしまえば湿った環境を作ってしまいます。土がしっかりと乾いてからを目安に水やりをしましょう
水を与えすぎてしまわないよう普段から正しい水やりを心がけましょう。

風通しの悪いエキノケレウスの置き場所はカビが発生しやすくなる

カビが好むジメジメとした湿度の高い場所で育てないようにしましょう。
風通しが悪ければ湿度は高くなっていきます。
サボテンエキノケレウスを置く場所は風通しの良い場所を選びます。
雨の多い梅雨の時期は置き場所に気を付けていても湿度が高くなりやすいので、注意しながら育てていきましょう。