竜神木サボテンにカビが!そんな時にするべき応急処置3つとは!

竜神木サボテンにカビが生えてしまったという経験がある人も少なくないでしょう。
サボテンがカビによるトラブルで枯れてしまうのはとても残念ですね。
カビが深刻化するその前に「するべき応急処置」とはどういったものがあるのでしょうか?
その3つをご紹介します。

竜神木のカビの原因は環境です!飼育場所を変えてあげましょう!

カビが生えてしまう大きな原因はその飼育環境にあります。
置いてある場所が湿っぽい、日の当たらない日陰であるなどの原因が考えられます。
日当たりがよく、風通しの良いところに置き直してあげましょう。

竜神木のカビにはカビ取り剤を!迷わず塗ってあげましょう!

植物用のカビ取り剤は、ホームセンターや園芸店に売っています。
サボテンにカビをみつけた場合は、迷わず塗って応急処置をしてあげましょう。
カビ取り剤を歯ブラシにつけ、カビが生えている箇所をこすってください。
こする際はサボテンに傷がつかないよう優しくゆっくりとこするようにしてください。
その後は、風通しの良いほどほどの日陰で(真っ暗ではない場所)元気になるまで様子を見ましょう。

竜神木のカビが生えた部分をカット!はさみやカッターを使って。

深刻なカビにおかされてしまった部分は、切り離してしまいましょう。
かわいそうですが、これは竜神木サボテンが生き延びるのに必要な応急処置です。
熱湯消毒をしたハサミやカッターで慎重に切ってあげましょう。
カビの部分を切った後は、風通しの良いほどほどの日陰で(真っ暗ではない場所)傷口を乾かし、復活を待ちましょう。