レブチアの成長を加速させる置き場所は、屋外?それとも室内?

レブチアを育てる時、どこで育てるかは需要です。
最適な場所で育てることで、大きく綺麗に成長してくれます。

レブチアを外で育てる時の置き場所

屋外で育てる時の置き場所は、日当たりを考えて決めましょう。
真夏の太陽は刺激が強いため、遮光をした方が良いですね。

レブチアは、とても綺麗な緑色の肌をしていますが、日焼けをすると茶色く変色してしまいます。
日焼けした肌は元には戻りません。

その後、日当たりを避けて育てると、花を咲かせることもありますが、やはり見た目には残念な感じがしてしまいます。

また、外での栽培では虫が付きやすいため、なるべく他の植物の近くに置かないようにしましょう。
他の植物と一緒に置く場合は、ゆとりを持って置くようにすると良いですよ。

密に置くと、風通しを妨げてしまうことにもなりますので、虫だけではなく湿気が溜まる原因にもなってしまいます。

室内でのレブチア栽培はこの置き場所がお勧め

室内で栽培する時は、窓辺に置くことが多いでしょう。
レースのカーテンなどを使って、直射日光が当たらないようにしてくださいね。

時々外に出して風に当てる方が良いのですが、それができなければ、窓を開けておきましょう。
適度な風は、土の乾燥を促しますので、成長のためには必要なことです。

室内で気をつけることは、もうひとつあります。
暖房器具の近くに置かないことです。

エアコンの風の通り道や、ストーブの近くに置くと、寒過ぎたり暑過ぎたりしますし、極度な乾燥を招いてしまいます。