サボテンマグニフィカスの育て方!適した置き場所ってどんなとこ!?

マグニフィカスはもともと砂漠地帯にいたサボテンです。砂漠地帯といえば、乾燥していて、日当たりが最高な場所です。日本とはだいぶかけ離れた気候のため、本来ならば、育てるのが困難な植物です。

マグニフィカスの置き場所の考え方!水のやりと温度に注意

一番マグニフィカスを育てるのに気をつけるべきことは、水のやりすぎと温度です。水は月1回のペースが基本ですので、少し乾燥気味に育ててあげましょう。また、温度は日本の場所によっても変わりますが、沖縄県のような氷点下にならない地域では外で育てるのが1番ですが、豪雪地帯などの氷点下になる地域は、室内で育てないと寒さで死んでしまいます。もともと砂漠地帯の植物ですので、その地域になるべく類似した環境を提供してあげるようにしましょう。

マグニフィカスの置き場所!乾燥と日当たりが重要

砂漠地帯といえば、雨季以外は乾燥し、サンサンと太陽が降り注ぐ熱い地域です。マグニフィカスを始めとするサボテンたちはこうした環境を好み、元気に育つことができます。日本は気候が違いますが、日中、暖かな日は、風通しの良い日当たりの良い場所に置くことで健康的に育てることができます。暖かい季節は、なるべく外に出して太陽の光を浴びさせましょう。