最適な場所に置いて錦繍玉(キンシュウギョク)を大きく健康に育てる!

錦繍玉は屋外と室内のどちらで育てていますか?
どちらでも育ちますが、置き場所には十分注意をしましょう。
適切な場所に置くことで、ぐんぐん育ってくれますよ。

錦繍玉は日光が振り注ぐ置き場所へ

錦繍玉は太陽の光が好きですから、日当たりの良い場所を選んで置いてください。
真夏の太陽だけはやや刺激が強いですから、少し遮光をした方が安全です。

日焼けをすると綺麗な肌やトゲが変色してしまいます。
過度な乾燥の原因にもなります。

屋外の場合は遮光が難しいようでしたら、明るい日陰でも大丈夫です。
室内の場合は、レースのカーテンなどを使って、直射日光が当たらないようにするのもお勧めです。

冬もたっぷりと日光を浴びてもらうことで、春になると順調に成長し綺麗な花を咲かせてくれます。

錦繍玉は雨が当たらない置き場所へ

屋外で育てている場合は、雨が直接当たらない場所が良いですよ。
軒下などで雨水が当たるような場所は、風通しも悪く土が湿ったままになってしまいます。

雨が当たったとしても、晴れた日には太陽の光が当たる場所であれば、まだ大丈夫です。
特に梅雨時は毎日のように雨が降りますし、湿度も上がりますので、より注意が必要です。

錦繍玉は湿度に弱いですので、梅雨時だけでも室内に移動させることも考えた方が良いかもしれませんね。