白雲丸の栽培に適した置き場所とは?屋内栽培のコツ!

白雲丸は、暑さを苦手とする性質があり、比較的涼しい環境を好みます。また、強い直射日光に当たることも嫌いますので、極めて屋内栽培に適したサボテンだといえます。白雲丸を屋内で栽培する時は、どのようなことに気をつけて置き場所を決めればよいのでしょうか。よく生長するための工夫をご紹介します。

白雲丸の置き場所は、明るく風通しのよい場所!

春から秋にかけて、白雲丸は成育期に入るので、日光の差し込む明るい場所を選びましょう。強い日光は嫌う白雲丸ですが、生長するためには多少の日光浴は不可欠です。日中は温度が上がり、夜には涼しくなるような環境だと、花を咲かせやすくなります。やはり、窓を開ければ涼しい風にあたれるような窓際がよいでしょう。しかし、冬場は窓の近くに置きすぎると、温度が低すぎたり、結露がついてしまう可能性があるので、暖かさを重視して、場所を移動させるとよいでしょう。

白雲丸の置き場所に選んではいけないところとは?

白雲丸の屋内栽培で、選んではいけない場所はいくつかあります。良かれと思って選んだ場所が逆効果となってしまうケースもあるので、よく理解しておきましょう。まず、南向きの屋外に、真夏の暑い日に置きっぱなしにすることは避けましょう。直射日光が強すぎると日焼けをおこしてしまうことがあります。その場合は遮光シートで日光をやや遮断するなど工夫をしましょう。また、屋内では、火元の近くや、エアコンの近く、加湿器の近くなどは避けましょう。