ロビビアの温度調整をして元気に育てる

元気に育って毎年花を咲かせるロビビアは、温度管理がしっかりしていることが多いですね。
暑さには耐性がありますが、寒さは弱めのロビビアですから、夏と冬では過ごし方が違いますよ。

ロビビアは夏の温度に耐性あり!

夏は屋外で太陽の光をたっぷり浴びることが大好きです。
原産国も温度が高めの地域ですから、あまり遮光をする必要もありません。

ただし、熱がこもり過ぎると、想像以上に温度が上昇している可能性があります。
真夏は温度だけではなく、風が当たる場所に置くことで、程よく太陽の光を浴びることができます。

室内で育てている場合は、エアコンに注意をしてくださいね。
人間にとってちょうど良い風でも、ロビビアには冷たく感じることもあります。

直接エアコンの風が当たらない、暖かい日差しの当たるところに置いてくださいね。

冬はロビビアを室内の温度で

冬は5℃くらいを目安に温度をキープするようにしてください。
真冬も気温が5℃を下回らない地方でしたら、屋外で育てても大丈夫ですが、念のためにビニール製の保温シートなどを使う方が安全かもしれませんね。

できれば室内に避難させた方が良いのですが、どうしても入れられない時は朝晩の気温から守ることを考えましょう。

室内の場合は、あまり神経質になる必要はありません。
窓辺でも5℃以上であれば大丈夫です。

ただし、ストーブの近くは温度が上がりすぎてしまう可能性があります。
冬は休眠期で、この時期をゆっくり休むと、春に一気に成長をしてくれますので、温度管理をして休める環境を作ってくださいね。