サボテンの竜玉を育てるための知識

サボテンの中でも花が比較的に大きな竜玉を育てる方が増えています。

竜玉を育てるには!まず特徴を知ろう

この種類は4月くらいから花が咲きだし、順番に咲いていくので上手に世話をすると10月くらいまで楽しめる品種です。10月からは休眠するのでしばらくは花を見る事が出来ないですが、比較的に丈夫で育てやすいのが特徴になっています。竜玉はサボテンの中ではお水を好むタイプなので、鉢の土が乾いていたら水をあげると良いです。気温が下がる秋から冬にかけてはこの植物は休眠に入るので、休眠に入る前と比較して少しくすんだ色になりますが、春になると次第に緑になります。

竜玉を育てる!休眠中の世話の仕方

休眠中の世話としては、目安として1か月に1回程度の水をあげる事が大切です。そして陽当たりの良い場所に置きます。竜玉などのサボテンは室内で育てられるので、マンションなど庭がない方に向いてる植物です。また水やりの頻度が少なくても育つので、仕事が忙しい方や植物を育てるのが苦手な方が簡単に楽しめる品種です。都会の室内で何か植物を育てる事を考えている方にとって、これらの条件が整っているのは大きな魅力になります。また竜玉は花が比較的に大きく華やかなサボテンなので、花が好きな方が育てる楽しみを得られます。