初心者にもおすすめ!コピアポアサボテンの育て方のポイントは?

コピアポアサボテンは、どんなサボテン?

コピアポアサボテンは、南米が原産で、降水量が非常に少ない乾いた土地で育つサボテンです。
野生のコピアポアは、白や灰色、黒い岩のような色をして、トゲが太く立派です。
日本でも売られていますが、肌は緑色のものが多くなかなか白くするのは難しいようです。
それでも無骨な見た目で人気があります。
黒王丸や、などが代表的ですね。

コピアポアサボテンは、水やりの頻度は他のサボテンより少な目で平気なので、初心者にもオススメです。
見た目に特徴があるので、インテリアにもぴったりですよ。
少々お値段が高めな傾向ですが、育てるのは楽しいですよ。
頑張って育てると大きな花も咲きます。
何個も揃えても雰囲気がでますね。

コピアポアサボテンを育てるのに特に注意すべきことは?

基本的に、他のサボテンと水やり、置き場所、栽培に適した温度などは同じです。
ただし、水やりは控えめで大丈夫です。
もともと生息している場所が、地球で最も雨がふらないといわれている地域です。
初心者は、水やりの頻度がわかりにくいかと思いますが、一か月に一度でもあげていれば十分です。

なお、コピアポアサボテンは比較的日焼けしやすいタイプです。
やや肌の色が特徴的なサボテンなので、日焼けには気を付けましょう。