ステノカクタスが育つのに最適な温度って!?

ステノカクタスはもともと南アメリカからメキシコにかけての砂漠地帯のある地域に自生しています。
砂漠地帯では非常に温度変化が激しく、昼間は40度、夜は10度以下になることもあります。
そんな地域で自生しているので。温度変化には比較的強いのがステノカクタスを始めとするサボテンの特徴です。
今回の記事では日本でステノカクタスに最適な温度環境の作り方についてご説明していきます。

ステノカクタスに最適な温度環境を作るには!?

日本でステノカクタスを生き生きと育てる温度はどれくらいが良いのでしょうか。
ステノカクタスには「成長期」「休眠期」があります。
成長期は春から秋にかけての暖かい時期ですが、真夏は暑すぎるので休眠することもあります。
日本では地域によって温度差がかなりあるためご自分の地域に合わせた育て方をしなくてはいけません

気をつけるのはステノカクタスの冬と夏の温度

ステノカクタスの温度管理をする上で気を付けなくてはいけないのが冬の10度以下になる時期です。
ステノカクタスは体内にたくさんの水分を溜め込んでいるため、あまり気温が低くなると凍ってしまいます。
また逆に暑すぎるのもダメで、強烈な直射日光を当ててしまうと日焼けで枯れてしまう原因にもなります。
夏は直射日光を避けた場所、冬は室内の日当たりのいい場所を選んであげてください。